読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iewokau’s blog

子供ができると、家を考えるようになりました。

新型アルファードのGに買い換える - その②

日産セレナの試乗の帰りにトヨタのトヨペット店へ。初めていく店になります。

車をとめるところで社員の女性が出てきてくれて、車から降りると「今日はどんなご用件でしょうか?」と。アルファードを見にきたと伝えて店内に。店内では、店長が声をかけてくれて、すぐに営業マンを呼んでくれた。

車でお店に入るときにアルファードが展示されているのを見ていたのだけど、アルファードが見たいと伝えたら、その店外のアルファードに案内される。

まずはスライドドアをあけて2列目から。ノア、セレナとみてきたからか、車内広い!思わず乗り込んで三列目に座ったけど、三列目も広い!これはいい。

説明を聞くと、車内のシートや天井などが黒い、このモデルは特別仕様車のタイプブラックと言うそう。価格は約392万円。事前のネットで500万くらいするという感覚でいたのと、セレナで300万円台の見積もりを見ていたので、この質感であれば392万でも安いと感じてしまった。

運転席に座って、エンジンをかけてもらい、機能の説明を聞く。実際つかってみないとわからないので、説明は早々に切り上げてタイプブラックの見積もりをしてもらうことに。同時にプリウスαの下取りも査定してもらう。

最初にもらった見積もりでは、車体392万に、メーカーオプション3.2万、ナビなどの付属品が45.5万、諸経費約29万に、約15万の値引きで455万。これにプリウスの下取りが140万円ついて、315万というのが支払い総額でした。

プリウスαはノアの見積もりで137万という査定がつき、日産では120万だったので、140万で出してくれた事に超好印象。値引きが15万の段階では、下取りのプラス分を素直に喜んでいい状態ではないものの、決算割引を頑張ると言ってもらえたので期待してしまいます。

試乗がしたいという事を伝えて、週末に予約を入れる。

あいにく試乗車は特別仕様車ではなくて、ハイブリッドモデルとのことだが、ハイブリッドモデルも運転してみたいので、そちらでいいですよ、と伝えて帰宅。

買い換えを意識してから、見てきた中では一番よかったので、ちょっとテンションあがります。

つづく。